般若面のイラスト

2019年5月30日

怖そうで悲しそうな般若面
般若のお面

「般若面のイラスト」について

ダウンロード無料

「般若面のイラスト」は無料素材です。
ダウンロードフリーですが、著作権はEbina.POP広告に帰属します。
ご興味をお持ちの方は、「ご利用規定」をご一読くださいますよう、お願いいたします。

「般若面のイラスト」と同ジャンルのイラスト素材

このサイトの「仮面イラスト素材集」のページにあります。
「仮面イラスト素材集」には、 いろいろな仮面のイラストがあります。 
仮面にご興味をお持ちの方は、どうぞご見物にお出でください。

ファイルタイプ・画像サイズ

  • ファイルタイプ: image/png
  • ファイルサイズ:23KB
  • 画像サイズ:409X602ピクセル

「般若」の意味

般若面の般若は、仏教用語の「般若」とは関係が薄いそうです。

インターネットの大辞林で「般若」について調べてみました。

①〘仏〙 人間が真実の生命に目覚めた時にあらわれる、根源的な叡智。世界の窮極的真理を知ること。智慧。慧。

② 能の女面の一。二本の角をもつ鬼女の面。憤怒・嫉妬・苦悩の情を表す。目と歯には鍍金がはめられている。創作者は般若坊と伝える。般若面。

③ 家紋の一。

② を図案化したもの。

④ 「般若面づら」の略。

大辞林 第三版

「叡智」から「嫉妬や恨みの鬼」に転化?

上の引用の①が、仏教用語の「般若」についての記述のようです。
その下の②が、般若面についての記述です。

上のイラストの般若面は、能面で、「嫉妬や恨みのこもった女の顔」の鬼女のお面。
仏教用語の「般若」が、どうして恐ろしいお面の名前にかぶさったのか、諸説あるようです。

そのひとつが、お経の「般若心経」から転じたというものです。
古代において、「叡智のお経」であった「般若心経」は、「悪霊(鬼)」を退散させるのに有効であるとされていたそうです。
「悪霊(鬼)」を負かすのが「般若」だったわけです。
それがいつのまにか、「悪霊(鬼)」イコール「般若」になってしまったとのことです。
「悪霊(鬼)」を退治するほどの、鬼のような力を持った「般若心経」の「般若」もまた「鬼」のようであるというイメージの移り変わりがあったのでしょうか。

昔の僧侶の隠語で、お酒のことを般若湯(はんにゃとう)と呼んだそうです。
その「般若」は、お坊さんが密かに酒を飲むと知恵を授かるというジョークの「般若」なのでしょうか。
それとも、酒癖の悪いお坊さんが 酒に酔って鬼のように悪態をついたから「般若」なのでしょうか。
お酒の話ですから、どちらにもとれそうです。

それはともかく、能楽の舞台では、一般に知られている最も有名なお面ではないでしょうか。
「般若面」が能楽の舞台以外の様々な場面に登場してくるのは、その強い迫力のせいでしょう。

「叡智」の迫力は、なかなか目に見えませんが、「嫉妬や恨み」の迫力は鬼の形相で迫ってきます。
そんな般若面のイラストです。