やけど危険のイラスト

2019年1月31日

やけど注意
やけど注意

日常生活でのやけど

危険警告イラスト素材集のページにある「やけど危険」のイラストをご紹介します。
男性が、やけどした右手を前に出して、青ざめた顔で何かを訴えているイラストです。

不注意で熱いものを握って、手にやけどを負ったのでしょう。
やけどは、日常生活では比較的多いケガのひとつではないでしょうか。
やけどの原因は、普段の暮らしのなかにたくさん潜んでいます。
やかんの熱湯や、調理の際に飛びはねてしまった天ぷら油。
煮物の鍋に素手で触ったり。
石油ストーブにおもわず触れてしまったり。
ライターや、ガスコンロの火などもやけどの原因になります。
アイロンやホットプレートもそうです。
工場や建設現場で仕事をしているときは、それなりに緊張していますからやけど事故を防ぐことができます。
それにくらべて家庭は憩いの場ですので、ついつい油断して不注意になりがちです。

手のやけどは厄介

家庭の中でのささいなことが原因でも、やけどは不自由な生活を強いられます。
手が使えないということが、次のケガの原因になったりします。
やけどの患部が感染症を起こしたら、なかなか厄介な病気になってしまいます。
イラストの男性は、そういう危険を警告しています。

なにか熱いものに不注意に触って、指や手の平をやけどすることはよくあることです。
それが軽いやけどならまだしも、上のイラストのような、重傷そうなやけどだと大変です。

日常の危険

日常生活には、いろいろな危険が潜んでいます。
若い頃にはそれほど危険でなかったものが、高齢になるにしたがって危険なものに変身します。
高齢になると、危険に対する対応力が低下するからでしょう。
上のイラストは、そんな日常の危険を訴えています。
イラストの顔を高齢者風に描けば、より高齢者の注意力を喚起する危険警告イラストになるのでしょうが、若者の油断も事故の原因として多いように思われます。
ドアに指をはさんだり、ちょっとした段差で転んだり、階段から転落したり。
これらは、高齢者だけではなく、若者にも起こりうる日常の事故です。

危険警告イラストで注意力が覚醒する

このイラストを、日常の危険が予想される箇所に掲示したら、やけどをはじめとした日常の事故を少しは防げるかもしれません。
人間の注意力は散漫です。
ことに何か考え事や心配事がある場合、慣れに頼りすぎて危険に対する注意力は減退します。
大仰で迫力あるイラストは、そんな注意力散漫な人の目線をとらえて、緩慢な日常に埋もれた注意力の覚醒を促してくれることでしょう。