夏雲と岬と、空を飛ぶカモメのイラスト

夏雲と岬とカモメ
カモメが飛ぶ、夏の海の風景

平凡な風景

夏イラスト素材集のページに収録した、夏雲とカモメのイラストをご紹介します。

遠く離れた海の沖から湧き立つような入道雲。
青い海に迫っている岬の断崖。
ゆったりと飛ぶカモメ。

カーブを回ると目の前に広がる空と海。
開けた視界に、心が飛んでいきそうになる風景。

海岸沿いの自動車道路から見える海の風景です。
平凡な風景ですが、夏そのものです。

心の故郷

多くの人が、平凡な風景を求めています。
絵に描いたような平凡さ。
そのなかに、心の故郷があるからです。

多くの人達は、平凡な風景のなかに、心の故郷を垣間見ているのです。
夏の思い出も、心の故郷のひとつです。
思い出のなかにある、その時々の安らぎが忘れられないのです。

平凡であるがゆえの安らぎです。

断崖の洞窟

岬の向こう側の断崖には、いくつもの洞窟があります。
荒波に侵食された海食洞窟です。

断崖を侵食するほどの荒波ですから、地元のこども達は泳いでは近づけません。
漁師の子どもが、船の上からただ眺めるだけの洞窟です。

でも、それだけで充分です。
海に面した断崖の洞窟。
その洞窟の中を満たしている海の水。

その漁師の子どもが語って聞かせる話で、 子どもたちのイメージは、 大きくふくらみます。

どこにでもある海食洞窟。
その平凡こそが、イメージの宝庫です。

夏の日の思い出を満たしているイメージ。

夏の思い出

平凡こそが、非凡な才能を生み出すのだと思います。
子どもたちは、みな非凡な才能の持ち主です。

宝探し、海賊ごっこ、探検への空想。
カモメになって、海の上を飛んだ夢。
洞窟の奥で、宝探しをした夢。
どんな子どもたちのアイデアも素晴らしい。

夏の暑い日に、子どもたちの才能が花開き、夏の終わりが近づくと萎んでしまいます。
その才能は、思い出の中に埋没し、感傷の言葉をいくつも生み出しては消えていくのです。

夏物販促のイメージ戦略

夏の思い出の風景とはそういうものです。
人々は、思い出を追い求め、その安らぎに浸ろうと夏の思い出をイメージする商品を買い求めます。

消費者の脳裏には、それぞれの夏の思い出が眠っています。
平凡な夏のイラストが、その思い出を呼び覚まし、消費活動に向かわせるのです。

ポスターやPOPや看板の夏のイラストが、平凡であればあるほど、人々のイメージはふくらみます。
海のイラストは、夏物販促のイメージ戦略に最適です。

夏雲と岬と空を飛ぶカモメの、平凡な、どこにでもあるイラストです。