青森ねぶた祭のハネトのイラスト

青森ねぶた祭のハネトの「正装」
青森ねぶた祭のハネト

「青森ねぶた祭のハネトのイラスト」について

ダウンロード無料

「青森ねぶた祭のハネトのイラスト」は無料素材です。
ご興味をお持ちの方は、「ご利用規定」をご一読くださいますようお願いいたします。

同ジャンルのイラスト素材

このサイトの「夏イラスト素材集」のページに、夏をイメージするいろいろなイラストがございます。
興味をお持ちの方は、ご見物においでください。

ファイルタイプ・画像サイズ

  • ファイルタイプ: image/png
  • ファイルサイズ:19KB
  • 画像サイズ:334X725ピクセル

ハネトの「ルール」と「正装」について

「ハネト」とは、青森ねぶた祭の踊り手のことです。
ねぶたファンは、ハネトを「跳人」と漢字で書き表わしています。
ねぶたの踊りは、跳ねる踊りですから「跳人」はピッタリの漢字表記だと思います。

青森ねぶた祭のねぶた運行にハネトとして参加するには一定のルールがあるようです。
そのルールを、「青森ねぶた祭実行委員会事務局 」のサイトから以下に引用しました。

1,みんなが楽しめる明るい祭りにしましょう。
2,ねぶた出発10分前までに待機場所に集合しましょう。
3,花笠をかぶり正装で参加しましょう。
4,運行委員の指示に従いましょう。
5,ねぶた囃子と関係のないホイッスル等の持ち込みはやめましょう。
6,行列の中で花火の打ち上げや爆竹、一升瓶の持ち込みや空缶の投げ捨ては危険ですからやめましょう。
7,運行中の逆戻りや途中からの参加はやめましょう。
8,消防車や救急車が出動した場合は、速やかに道路を空けましょう。

「 青森ねぶた祭実行委員会事務局 」様サイト より

上のルールの3番目「花笠をかぶり正装」が、上のイラストの姿です。
お祭りに「正装」なんて、ちょっとお硬い感じですが。
青森ねぶた祭ほどの大規模なお祭りには「管理」が必要なのでしょう。

以下は、そのハネトの「正装」の説明です。
左側のイラストを見ながらお読みください。

近年は、伝統を踏まえながらも、ユニークな意匠が花笠や浴衣の柄に表れているようです。

青森ねぶた祭のハネト

1,花笠をかぶる。

2,肩にタスキをかける。

3,腰にシゴキ帯を巻く。
 (水やお酒を飲む器である「ガガシコ」を、腰に下げます。)

4,白地を基調とした浴衣。
 (イラストは薄い水色になってますが、夜に映えるのはやっぱり白でしょうね)

5,浴衣の裾は膝までたくし上げる。
 (浴衣の下にはピンクや青の「オコシ」をつけます。)

6,履物は、白足袋に草履。
 (草履が脱げないように豆絞りの手ぬぐいでしばったりします。)