うな丼のイラスト

2019年5月2日

美味しそうなうなぎの丼
うな丼

「うな丼」のキャッチコピー

英語バージョン

Remember the taste of eel last summer.

日本語バージョン

去年の夏のうなぎの味を忘れるな

「うな丼のイラスト」について

ダウンロード無料

無料素材です。
ダウンロードフリーですが、著作権はEbina.POP広告に帰属します。
ご興味をお持ちの方は、「ご利用規定」をご一読くださいますよう、お願いいたします。

このイラストと同ジャンルのイラスト素材

このサイトの「土用丑イラスト素材集」のページにあります。
土用丑にちなんだイラストが、いろいろありますので、どうぞご見物ください。

ファイルタイプ・画像サイズ

  • ファイルタイプ: image/png
  • ファイルサイズ:26KB
  • 画像サイズ:649X487ピクセル

イラスト活用例

  • 「土用丑うなぎセール」のPOP広告イラスト
  • スーパーのチラシイラスト
  • 飲食店の夏季メニューイラスト
  • クッキングサイト「うなぎページ」のボタンアイコン
  • 「土用の丑の日」の看板用イラスト

盛夏の食の主役

「うな丼」とは、丼に盛った白飯の上にうなぎの蒲焼をのせた丼料理のことです。
漢字では「鰻丼」と書きます。

東京が江戸と呼ばれていたころの、江戸の郷土料理であったとされています。
ということは、江戸っ子のアイデンティティーとも言える食べ物だったようです。

土用の丑の日には、「うな丼」は日本全国で盛んに食べられる丼です。
盛夏の食イベントの主役級です。

山椒と好マッチ

「うな丼」は、うなぎの蒲焼きと山椒(さんしょ)の粉と極上のタレだけのシンプルな丼です。
山椒は消化を助ける働きをすると言われています。

その山椒のおかげで、うなぎの泥臭さが程よくやわらげられます。
また、薬味によってうなぎの脂をそれほど気にせずに、さっぱりと食することができます。

さらに、山椒のピリリとした辛さは、食欲増進の効能があり、食中毒の予防になるとも言われています。
うなぎと山椒には、深いつながりがあったのですね。

うな丼の効能

うな丼は猛暑に打ち克つスタミナ食と言われています。
土用の丑の日だけではなく、夏はちょくちょく食べたいと思う方も多いのではないでしょうか。
でも、ちょっと高めなのでなかなか手がでません。

うな丼を食べる効能は、安心感です。
今年の夏も、高価なうな丼を世間並みに食べることができたという安心感。
美味しくて体に良いものをこの夏も食べたので、暑さに対する備えはバッチリだという安心感。

経済的な安心感と健康的な安心感。
このふたつの安らぎを得ることができるのが、うな丼を食べる効能です。

そう思い込むことで暗示を得る。
それが、「土用の丑の日」というイベントなのでしょう。

そんな「うな丼」のイラストです。