母の日のカーネーションのイラスト

2019年4月14日

赤いカーネーションが3本
「母の日」のシンボル

「カーネーション」のイラストについて

無料ダウンロード

無料素材です。
ダウンロードフリーですが、著作権はEbina.POP広告に帰属します。
ご興味をお持ちの方は、「ご利用規定」をご一読くださいますよう、お願いいたします。

このイラストと同ジャンルのイラスト素材

母の日イラスト素材集のページにあります。

ファイルタイプ・画像サイズ

  • ファイルタイプ: image/png
  • ファイルサイズ:21KB
  • 画像サイズ:557X628ピクセル

イラスト活用例

  • 「母の日」セールのポスター・POP広告・チラシ・看板のイラスト
  • 飲食店の「母の日」特別メニューのイラスト
  • ショッピングセンターの「母の日」バーゲンセールの値札イラスト
  • 「母の日」プレゼントの包装紙のクリップアート

カーネーションはナデシコ科の多年草

3本の赤いカーネーションのイラストを描きました。
カーネーションは、「母の日」のシンボルフラワーです。

日本では、母の日は5月の第2日曜日。
この日に、日頃の母親の労苦を労り、母に感謝してカーネーションを贈るのが習わしとなっています。

カーネーションはナデシコ科の多年草。
日本の撫子も可憐な花ですが、カーネーションも可憐です。

「母の日」には、上のイラストのような、赤いカーネーションを持った幼い子ども達をよく見かけます。
「母の日」が近くなると、子ども達が花屋さんでカーネーションを買うのです。

子どもと親の喜びの日

ゴールデンウィークが終わり、子どもサービスでお疲れのお母さん。
そんなお母さんには、カーネーションのプレゼントは、砂漠での清涼な一杯の飲み水のようなものです。

親の喜ぶ姿を見るのが子どもの喜びであり、子どもの喜ぶ姿を見るのが親の喜びなのです。
「母の日」は、子どもと親の喜びの日なのでしょう。

でも、子どもは本当は、母親の労苦を知らないのです。
まあ、知らなくてあたりまえですね。
親と幼い子どもは、違う世界を生きているのですから。

母親の労苦を知る日

30歳を過ぎても、母親を召使いのごとく利用している息子や娘達をちょくちょく見かけます。
収入の少ない母親に、平気で金をたかる息子。

彼もまた子どもの頃は、母親にカーネーションの花束を贈ったのでしょう。
子どものときの無邪気な顔のまんまで、母親に金の無心をする息子。

それは能力の欠落です。
成長すれば、もう親の労苦を知ってもいいはずなのに、いまだにそれを知る能力も感性も無いのです。
あるのは、自分本位という能力だけ。

子どもが大きくなっても、「母の日」は記念日であり続けます。
「母の日」は母の労苦を知る日です。
そして、そんな母に感謝し続ける日なのです。

「サンキュー、ママ、お金ありがとう。また次も頼むよ」
カーネーションは、そんな「母の日」のシンボルです。