夏の夜空を彩る花火のイラスト

夜空に映えるカラフルな打ち上げ花火
打ち上げ花火

These fireworks go up for reconstruction and a requiem.(これらの花火は、復興と鎮魂のために上がっています。)

「夏の夜空を彩る花火のイラスト」について

ダウンロード無料

無料素材です。
ダウンロードフリーですが、著作権はEbina.POP広告に帰属します。
ご興味をお持ちの方は、「ご利用規定」をご一読くださいますよう、お願いいたします。

このイラストと同ジャンルのイラスト素材

このサイトの「夏イラスト素材集」のページにあります。
「夏イラスト素材集」には、 夏をイメージするイラストがたくさんあります。
夏のイラストをご要望の方は、どうぞご見物にお出でください。

ファイルタイプ・画像サイズ

  • ファイルタイプ: image/png
  • ファイルサイズ:18KB
  • 画像サイズ:532X533ピクセル

イラスト活用例

  • 花火大会チラシイラスト
  • 花火大会ホームページアイコン
  • 夏祭りポスターのワンポイントイラスト
  • 夏祭り紹介サイトのリンクボタン
  • 夏の浴衣セールのPOP広告イラスト
  • スーパーの夏祭りセールのイメージイラスト
  • ショッピングセンターの夏バーゲンのPOP広告イラスト

鎮魂と復興の花火

夜空にパッと花開く打ち上げ花火のイラストです。
東北地方では、「東日本大震災の鎮魂と復興」の願いをこめて花火大会が行われています。
毎年行われている花火大会が、2011年3月11日の震災以降、「鎮魂と復興」の意味合いを持つようになったのです。

震災地の早期復興のためにも、停滞した震災地の経済活動の復興は不可欠です。
経済活動の復興を促すイベントが各地で開催されています。

なかには、被災者の心境を思いやり、イベントの自粛を打ち出すところも、今まではあったようです。
でも、被災者の沈んだ心を明るくする歌や催しは必要であると考える意見が多く、様々な復興支援イベントが開催されてきたのでした。

それらのイベントが、停滞を打ち破り、震災の体験を乗り越えて、前へ進む切っ掛けになったのでしょうか。
それはともかく、イベントを行うという意志と、前へ進もうという意志には、深いつながりがあるのだと思います。

花火大会の原点は、鎮魂と疫病退散

毎年、夏になれば方々でイラストのような花火が上がります。
花火は、ここまで来た、という合図です。
ここからまた先へ行こう、という合図です。

花火と言えば、「た~まや~」「か~ぎや~」で知られた江戸時代の両国の川開きです。
両国花火がはじまった当時は、疫病によって江戸の町に多くの死者が出ていたとされています。
多くの死者の鎮魂と、多くの死者を出した疫病の退散を祈願して、花火が打ち上げられるようになったのでした。

その「鎮魂と疫病退散の花火」の慣習が全国に広がり、現代でも夏になると全国各地で花火大会が催されるようになったとのことです。

これからも、「鎮魂と復興の花火」が、夏の夜空を焦がすことでしょう。
そんな、「夏の夜空を彩る花火のイラスト」です。