元気な男の子のイラスト

2019年2月3日

元気な男の子
元気いっぱい

笑い

A cheerful child.

子どもイラスト素材集のページにアップした元気な男の子のイラストです。
弾け跳びそうなほど元気な男の子。

右腕を高く掲げて、飛び跳ねている男の子のイラストは、元気の象徴です。
男の子の目のなかの無邪気な表情が「ボクは元気だぜ!」と叫んでいるようです。
片目を閉じているように見えますが、これは笑っているのです。
体から、力と笑いがこみ上げているのです。
元気とは、あふれる力だけではありません。
笑いもあふれてくるのが元気という状態です。

簡単なことは楽しい

もともと子どもは元気な存在です。
子どもは楽しいことを考える天才です。
楽しいことは、元気の元。
子どもはなんでも簡単なことから始めます。
そのほうが楽しいからです。
そうして次々と楽しいことを作り出していくのです。
簡単なことは楽しい。
子どもの子どもらしい法則です。

元気が元気を呼ぶ

元気は元気を引き寄せます。
元気な子どもは、いつも元気な子どもと一緒にいます。
元気な子どもが集まっているところには、元気も集まってきます。
元気なこどもは、大人の元気をも引き出します。

変化が元気を産み出す

イラストの子どもは、黄色いシャツに黄緑色の半ズボン。
元気な子どもは明るい服装を好みます。
明るい服を着ると気分が明るくなるからです。
大人でも明るい服装に変えると元気が出ます。
そういう変化で、人は元気になります。
子どもの生活は、変化に満ちています。
その変化が、新鮮な元気を産み出す方法です。

子どもが大人を元気にする

子どもの最大の親孝行は元気でいることです。
イラストのような元気な子どものいる家庭は、きっと親も元気です。
父親も母親も、仕事の疲れを忘れるほど癒されることでしょう。
子どもが病気知らずでいることは、家庭の数ある幸福条件のなかのひとつです。

長いあいだ病を患っている子どもが、不幸であるとは限りません。
元気でないとも言えません。
体が不調でも、心が元気な子どもはいっぱいいるからです。
明るい気持ちで病気と闘っている子どもは、大人を元気にします。

大人の元気の根源は子ども

現在大人の人も、かつては元気な子どもだった時代があります。
そういう時代が、現在の自身を支えています。
元気の根源は子どもにあります。
大人が子どもに戻れば元気になることでしょう。
もともと子どもは元気な存在なのですから、大人が元にもどれば元気になります。

それは思い出としてではなくて、今も少年の自分が生きているからです。
年齢を重ねるということは、生きて来たその様々な時期の、様々な自分とともに生きているということだと思います。
元は元気な子どもだったのですから、元にもどれる人が元気になれるのです。
そういう意味で、子どもは元気の象徴です。
そんな元気の象徴の男の子のイラストをどうぞ御覧ください。
大人のための、元気な子どものイラストです。