子どもの飛び出し危険のイラスト

2019年2月2日

安全に対する判断力

子どもの飛び出し危険のイラストです。
危険警告イラスト素材集のページにアップしたものです。

幼い子どもは判断力が未発達なため、危険にたいする感覚が大人とちがいます。
活発な子どもほど、交通事故などに遭遇しやすいように思われます。
ヒステリックな性格のお子さんも、そうであるような気がします。

安全に対する判断力が、まだ働かないのです。
自分の身をまもるための判断力が未発達なうちは、恐怖心がそれをおぎなうと思います。
恐怖心は子供の成長にとって必要なものですから、大人は怖がる子供をわらったりからかったりしてはいけません。
正常に理性が発達していれば、恐怖心も発達するでしょう。
そして過剰な恐怖心は、安全に対する判断力を身につけることによって淘汰されていくのではないかと思います。

危険に対する教育

飛び出す子供は、無我夢中です。
周囲の状態を、正確に認識できません。
判断力も恐怖心も働いてはいないのでしょう。

実体験が、最もすぐれた安全教育かもしれません。
痛い目を見ないと解らないという現実もあります。
しかし、痛さを通り越してしまって死に至っては、元も子もありません。

実体験による恐怖心が、過剰になっても危険です。
恐怖感で萎縮してしまっては、安全にたいする判断力は停止してしまいます。
程よいバランスを身につけさせるのが、危険に対処する教育なのでしょう。
危険警告イラストも、危険に対する教育の一翼を担うものです。
イラストのイメージを疑似体験することによって、学ぶことができるからです。

大人に対する危険警告

上のイラストは、子どもに対する危険警告であるとともに、自動車の運転手である大人に対する危険警告でもあるのです。
このイラストを見て大人は、子どもは道路へ急に飛び出すものだという認識を再確認することでしょう。
その結果、子どもが遊んでいる姿を見かけると、自動車を減速させて、急な飛び出しに備えようとします。
一方子どもは、自動車が急には止まれないという大人の言いつけを思い出すことでしょう。
この話は、危険警告イラストがうまく機能するという前提のもとでの効果の予測です。

しかし、たいていは予測どおりにはならないのが現状です。
いくら標識や看板があっても、子どもの飛び出しによる交通事故はなくなりません。
一方に無我夢中で遊ぶ子どもがおり、一方に無謀な運転をする大人がいるからです。
事故を防ぐためには、それぞれのマイナス点を改めねばなりません。

危険警告イラストは進化する

同時に「子どもの飛び出し危険のイラスト」の改善も必要です。
交通事故防止の機能を目的に作られたイラストは、改善や改良が可能です。
技術の進歩によって機械が機能的に優れたものに改良されていくように、イラストも改良されていくことでしょう。
そうやって、これからも危険警告イラストは進化し発展します。
よりいっそうの効果を発揮できる危険警告イラストが開発されることでしょう。