スコップを持った道路工事作業員のイラスト

2019年1月11日

道路工事作業員
道路工事作業員

作業員のイラスト

スコップを持って仕事をしている道路工事作業員のイラストです。
自動車のライトを浴びると、反射するシートを貼った安全ベストを身につけています。
夜間の道路工事は、交通事故という危険が潜んでいます。
安全ベストが、作業員の存在を走行中の運転手にアピールします。
そんな作業員のイラストを、工事イラスト素材のページにアップしました。

作業員の仕事

工事用重機が入らない部分や、重機が残した細かい箇所をスコップで仕上げて行くのが作業員の仕事です。
現代社会では、「重労働」と呼ばれている労働形態は過去のものとなりました。
「重労働」とは、人力で人体に負担の大きい「肉体労働」をすること。
現代では、建設機械(重機)の発展にともなって、過重な「肉体労働」は解消したと見られています。
実際、人力よりも建設機械を用いたほうが効率が良いので、「重労働」は消滅したのだということなのです。
でも、部分的には「重労働」は残っています。
重機が入らない狭い箇所で「重労働」を行っている屈強の鉄人は存在します。

厳しい仕事と安堵感

上のイラストは、そんな鉄人労働者のイラストではありません。
重機が一仕事したあとに、最終仕上げを行っている一般的な現場作業員のイラストです。
冬場でも体を動かしているので、けっこう汗をかきます。
こまめに体温調節を行わないと、汗で体を冷やし過ぎて、風邪をひくことがあります。
暑い夏場は、熱中症のおそれ有りです。
季節を通して厳しい仕事ですが、一日の労働が終わる安堵感がたまりません。

経済発展の基礎

仕事をしていれば、幸福な時間は訪れます。
消耗と幸福と、疲労と笑いが、ごちゃ混ぜになって一日が終わります。
黙々と働く道路工事作業員。
仕事をするということは体を動かす事だと、働いているうちに身に付けた信念をもとに作業をしているのです。
こういう人達もまた、日本の経済の基礎を支えてきたのです。
発展の基盤を築いてきたのです。
黙々と働き、コツコツと実績を積み上げる。

作業員の存在感

こうして、道路網の拡充整備とともに日本経済は伸びてきました。
それが良いとか悪いとか、様々な意見が飛び交うなか、道路工事作業員は黙々と体を動かして一日の糧を得ています。
そんな道路工事作業員のイラストは、彼の喜怒哀楽が感じとれるようなものでないといけません。
作業員の存在感を強く写し出してこそ、工事現場イラスト素材としての本領を発揮するのだと思います。

現場周辺の雰囲気作り

いちにちの仕事が終わって、作業員がいなくなった道路工事現場には、作業員のイラストが描かれた看板が立ち並びます。
多くの通行人は、それらの看板を見ながら帰宅を急ぎます。
なかには、工事の進展具合をそれとなく確認しながら帰宅の途についているサラリーマンもいることでしょう。
静かな工事現場周辺は、いたって和やかです。

道路工事作業員のイラストの静かな存在感。
それに呼応するような通行人の黙々歩き。
なんとも不思議な雰囲気が、工事現場周辺に漂っています。
そんな道路工事現場の作業員のイラストです。

まとめ

道路工事現場の作業員のイラストは、工事現場の和やかな雰囲気作りに役立ちます。
工事現場の告知看板に、現場作業員のイラストを添えれば認知度が上がり、通行人の安全確保に貢献します。
イラストは、文字以上に働くのです。