桜の花のイラスト

2019年1月15日

桜の花びら

桜の花

古来より親しまれてきた花

桜の花のイラストを春のイラスト素材集のページに追加しました。
可憐なイメージの桜の花のイラストです。

桜は、古来から日本人に親しまれてきた花です。
和歌に詠まれ、俳諧に詠まれ、日本の伝統的な文芸の題材として桜はもてはやされてきました。
小野小町の「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」はあまりにも有名です。
また西行の「願わくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月の頃」なども、広く世に知れ渡っています。
「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」と詠んだのは在原業平(ありわらのなりひら)。
松尾芭蕉も桜を題材にした多くの句を詠んでいます。
私が好きな芭蕉の桜の句は「さまざまの事おもひ出す桜かな」。

また、江戸時代には花見が盛んだったようで、花見の名所案内には桜のイラストが描かれています。
「 東都花暦十景 」や「江戸名所百景」などをはじめとして、たくさんの浮世絵が出版されていました。
江戸のお花見は、身分や男女の別に関係なく、広く民衆の娯楽として親しまれていたようです。

軍国主義の象徴だったこともあった

そんな桜は、太平洋戦争中は軍国主義思想実現のための潔い死の象徴として桜のイラストが利用されていたこともありました。
多くの若者が、桜の花びらのように散っていったのです。
まさに「 さまざまの事おもひ出す桜かな」 です。
それだけ日本人の生活観のなかに染み込んでいる桜の花。

華やかで儚い

現代では、宴会好きな日本人が桜の花に親しんでいます。
また桜は、陽気が良くなって宴会でもやりたい気分になった頃に咲く花と言えるでしょう。
桜は、咲いたなと思ったらすぐに散ってしまう。
その儚さが、酒の席に合うんでしょうか。
桜の花の華やかさと儚さが、お酒で夢心地になる人の心そのものであるような気がします。

新生活を象徴する花

春は、門出や新生活が始まる時期。
桜の花のイラストは、新入学や新社会人の象徴としても、いろいろなシーンに登場しています。
春という季節には欠かせない桜。
多くの歌をつくり、多くのドラマをつくってきた桜を描いたイラスト素材です。
その花弁の形はシンプルで、花弁の色は淡く、咲いている様は豪華絢爛。
現実としても、幻想としても、この上のない華やかさです。

春は希望の季節であり、桜は豊かさの象徴でもあり。
そんな春の桜のイラスト素材を、希望と豊穣を演出するご参考にしてください。